こんなに大きくなりました
B級グルメとビビりの2匹の三毛猫との日常です
プロフィール

hachifukucats

Author:hachifukucats
B級グルメとビビり、2匹の三毛猫+夫婦の暮らしです。



現在のお客様



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



こちらをぷにっとお願いします♪

FC2Blog Ranking



天気予報 猫が顔を洗うと雨がふる?


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ごはん遍歴2
お高めのカリカリをあげているときは明らかにテンションが低かった。
『え…またこれ…。他のないの?』
『健康にいいかもしれないけど…正直嫌い…』
もう、残す残す。もったいない。(T_T)

以前一度ハチのおなかが緩かったときに病院でもらった処方食をあげたときもこんな感じだった。
『これ、マズイのよね…。』そんな顔をしている。
しまいに
『もうこんなマズイごはんイヤにゃ!』
『ママもパパも大っきらい!!』
という気まずい雰囲気になってしまった。
あわててシーバを与えて機嫌を取る始末。

猫の餌と言えばカリカリか猫缶。そう考えていた。
だって『総合栄養食品』だから。
でも色々調べていくうちにそうでもないことが分かった。

ざっくり言うと猫の健康と寿命のキーワードは『水分』
もともと猫の水の飲む量は少ない。祖先が砂漠出身だからだそうだ。
そして当然 カリカリには水分がほとんど無い。
野生でネズミを食べる習慣のある猫はネズミや鳥を捕まえて食べることで
水分を含めた栄養を接種している。(ネズミや鳥にいる寄生虫や菌の話はおいといて)
そしてまず、捕まえた獲物は内臓からガツガツ食べてしまう。
要するにレバーの部分。鉄分やビタミンはたっぷり。
胃袋に入っている未消化の植物などもここで得られるのだ。
だからと言ってうちの猫に毎食ネズミや鳥を与えるわけにもいかない。

今時はスープ系のパウチの餌もあるがカリカリに比べて高価。
そしてやはり咀嚼力も衰えていく。歯石もたまるだろう。
そこそこよく噛めて水分もたっぷりで猫も喜び財布に優しい…。
行きつく先は『手作り+カリカリ』だった。

カリカリジプシーの結果、うちの猫は
・魚好き
・でもサーモンはイマイチ
・たまには肉系も食べたい
なんともお姫様な2匹である。
大まかな好みを踏まえて手作りスタート!となった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。