こんなに大きくなりました
B級グルメとビビりの2匹の三毛猫との日常です
プロフィール

hachifukucats

Author:hachifukucats
B級グルメとビビり、2匹の三毛猫+夫婦の暮らしです。



現在のお客様



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



こちらをぷにっとお願いします♪

FC2Blog Ranking



天気予報 猫が顔を洗うと雨がふる?


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場の手作りごはんは休業
場は手作りご飯はしばしお休み。
理由は腐りやすいから。
私の作り方だと、一回に3~4食分できる計算になる。(カリカリを混ぜての計算)
野菜などは一度火を通すため、冷ますまでに時間がかかり
傷んでしまうのだ。
一度6月の蒸し暑い日に冷ましておいた野菜ペーストが
嫌なにおいを放っていたこともある。
それ以来季休業、となったのだ。
その代わり市販のスープ系のパウチなどを取り入れている。
でも秋から手作りを再開したときの食いつきは半端ない。
(まぁ、おおもととなる缶の香りが大好きなんだろうが)
『ガッ、ハグハグ、ガッ、ハグハグ…ガッ…』と音を立てて一心不乱に食べている。
場カリカリだけの時などは半分食べて残し、また時間をおいて半分食べる…
という感じだが手作りにすると一気に皿はピカピカになる。
それを見ていると『あぁ、おいしかったんだな、うれしいなぁ』と思う。
次の休みは魚のアラからとったスープでも作ってみようか。
コラーゲンたっぷり、喜んでくれるかなぁと想像はつきないのである。


スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

毛玉の季節の手作り
本格的に涼しくなってきた。
と同時に我が家のリビングを毛球が舞う。
西部劇のようだ。掃除をしてもしても抜けてくる。
ブラッシングをしっかりして…と思いきやブラシを紛失。
仕方ないので手櫛で極力とりのぞいてやる。
ハチフク自身もペロペロといつも以上に熱心に毛づくろい。
早くブラシを買ってこなきゃ…。
だいぶお腹に毛球がたまってきたころ。
そんなときのごはん。

ベースはいつもお世話になっているコレ↓。
DSCN0081.jpg
本日は冷蔵庫にキャベツとエノキがあったのでみじん切り。
レンジで3分間チン。
DSCN0084.jpg
缶詰を開けて…(缶の中身の水気はほとんどなく、ぎっしりとお魚が詰まっている)
この時点でハチフクのおねだりが一層激しくなる。
DSCN0083.jpg
少々水を足して混ぜて人肌に。
DSCN0085.jpg
皿に盛りつけ、いつものカリカリをトッピング。
DSCN0086.jpg
はい、お待たせ~どうぞどうぞ。

『うまうまうまうま・・・』     『…(夢中で無言で食べる)』
DSCN0088.jpg DSCN0089.jpg
ものすごい勢いでヘッドバンギングしながら食べるハチとフク。
カメラの焦点が合わない。

お皿はピカピカになって返ってきました。





テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

備蓄水について
うちの近所には何箇所か湧水が出る。
けっこう遠くからも水を目当てで来る観光客もいたりする。
水道水は井戸水、という世帯も結構ある。
おいしい水の環境に不足はない。
私も会社帰りにペットボトルで水を貰って帰ることが多々ある。
水不足なんて考えられない環境だ。
実家が都会なので近所に湧水がバンバン出る、というのは
贅沢な環境だと思う。
ハチフクもこの水の恩恵にあやかっている。
しかし、先日の熊本の震災での断水を見ると非常用の水は
やはり必要かと考えた。
うちはペットボトルをあまり購入しないのでいざという時に
ペットボトルがない。
当然給水車が来ても保管するものがないのだ。
大体3日分くらいの水は備蓄しましょう、といわれているが
我が家には備蓄水はおろか入れるものもなかったのだ。
ここは2Lのペットボトルを3本くらい用意して湧水をいれ、カラになったら
また補充し…ということを習慣化しておいたほうがよさそうだ。
2人家族なので本来は6本くらいは必要で、プラスハチフクの分で
1本、合計7本は必要となる。
14Lもの水を備蓄…。どこに置こうか…。
考えれば考えるほど腰は重くなるハチフクおかん。
まずはペットボトル集めから始めますか…。(=∀=)

おいしい水が飲みたい子!
『はーい!!』
IMG_20160729_124507.jpg







テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

猫の水分摂取
ハチフクはよく水を飲む。
飼い始めの頃に一度水の皿が空っぽになっていたのに気付き、
あわてて水を用意すると『ニャーン!!』とハッキリ鳴いた。
おそらく『それー!!欲しかったのー!!』と言っていたと思う。
どのくらい飲む必要があるのか調べてみた。

猫の体重に対する 一日の必要量(ml・概算)
1kg 70ml
2kg 118ml
3kg 160ml
4kg 200ml
5kg 235ml
6kg 270ml
7kg 300ml
8kg 330ml
9kg 360ml
10kg 395ml

うちはハチフクの体重がおおよそ3Kgなので2匹で320ml、
500mlペットボトル大体2/3くらいが1日の2匹合わせた必要量だ。
そう考えるとそこまでは飲んでいない。せいぜい2匹で250mlくらいか。
そこで手作りごはんで水分摂取を試みることにしたのだ。
手作りご飯で必要量の1/3くらいは取れるとするとかなりカバーになる。
スープご飯にしたらもっと取れるだろう。
ハチフクの好みでペーストが多くなっているが、もう少しうまみたっぷりの
スープを開発するか…。

レパートリーふやしてニャー
2017_0910_122834-DSCN0034.jpg




テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

手作りご飯にあたってNG食材
手作りするなら最低限食べさせちゃいけないものは知っておく必要がある。
・ネギ類…中毒(溶血性貧血をおこす)
 ネギ・玉ねぎ・にら・にんにく (※にんにくは諸説あり)・ワケギ・ラッキョウ等
・イカ・タコ…要加熱
 は大好きだが、消化が良くない。生で食べさせるとイカ・タコに含まれる酵素により
 重症な場合は昏睡状態から死亡する例もある。(加熱により酵素は効力を失う)
・アワビ…要注意
 アワビの内臓に含まれる物質により、『光線過敏症』の原因となる。
 過敏症を起こした場合は激しいかゆみを生じ、耳などの毛の薄い部分を
 掻きむしってしまう。『がアワビを食べると耳が落ちる』とも言われているが
 根拠のある言い伝え。
・魚・鶏の骨…必ず取り除いて
 の消化器官はとても細いので刺さったり窒息したりする。
 必ず取り除いて!
・生卵…要加熱
 生卵に含まれる成分により、大量に食すると皮膚炎・結膜炎の原因に。
 ただし加熱すればOK。良質なたんぱく質でもあるので加熱したものを
 与えるのは問題なし。
・その他大量に与えてはいけないもの
 青背の魚(イワシ・サバ・アジなど)
 少量はOKだが過食は黄色脂肪症の原因。黄色脂肪症になると皮下脂肪が酸化・変性して炎症を起こす。
 レバー
 過食するとビタミンA過剰症を引き起こす。骨が変形したり骨どうしが正常に連結しなくなり起き上がれなく
 なったりすることも。
このほかにもチョコレート・ココア・生の豚肉・菓子類・ブドウ(レーズン)・香辛料・塩分の強いもの(塩鮭、練り物等)
もNG。

『欲しがるから、ちょっとだけ…』が命取りとなることもある。
ちなみに私がたまに使用する『ほうれんそう』も大量に食させると結石の原因となる。
必ず茹でて、少量にすること。
人の目では『少量』だが、目線では『けっこう多い』となることもある。
『これだけしか使わないの!?』というくらいで十分。
のこりは人間がおいしく頂いてしまおう。





続きを読む

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。