こんなに大きくなりました
B級グルメとビビりの2匹の三毛猫との日常です
プロフィール

hachifukucats

Author:hachifukucats
B級グルメとビビり、2匹の三毛猫+夫婦の暮らしです。



現在のお客様



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



こちらをぷにっとお願いします♪

FC2Blog Ranking



天気予報 猫が顔を洗うと雨がふる?


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫が家に慣れるまでは…ご飯をあげるコツ
猫を初めて飼うと、猫の一挙一動にオロオロする。
・ごはんを食べない
・引きこもって出てこない
・威嚇される
・トイレをしない

うちの2匹だけでも5日間の間はこんな感じだった。
その他には
・決められたところでトイレをしない
・すぐ吐く
・鳴きっぱなし

ということもよく聞く話だ。
かわいい!と思ってもらったはずが、
こちらも不安になり、面倒を見きれるかどうか
心配になることもあると思う。
もちろん、人慣れしている猫をもらったら
こんなことは無いのだが我が家のように元野良猫を
飼うことになるとこのような症状になる。

でもでも!
マダ5日デスヨ?
猫の個体差でそれがもっと続くかも知れない。
でもちゃんとお世話をし続けるとある程度距離は縮まる。
猫は
・ご飯をくれる
・トイレを綺麗にしてくれる
この2点をきちんとこなしていると、危険人物とは見なさない。
但しこのお世話の時にベタベタ触ったり、長々話しかけるのは
やめたほうがいい。
『あんたに触れるほど気を許してないわよ!』
『ごはんは静かに食べさせて!』
…人間だって食事中にベタベタ触られたり、
ひっきりなしに話しかけられるとウンザリするでしょ?
むしろ猫がこちらの様子を伺う期間なので
ご飯の世話もトイレの世話もそっけないくらいでOK。
少なくともご飯の皿をみてこっちに寄ってくるまでは
せいぜい『ごはんだよ~置いとくね~』くらいで終了。

私はご飯皿を2つ手に持ち、軽く『コンコン』と2回
皿同士を軽く打ち合わせ、音を鳴らしてから
皿を自分の顔の横に持ち上げて持って行った。
 ・この音がするとご飯の時間
 ・皿と自分の顔に目を引くことで関連付けてもらう為
この2つの試みは成功した。なかなか速い段階で
1匹は手乗りになったのだから。
猫を飼いたてで、顔を覚えてもらいたい方はお試しあれ。

ねこのきもち
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

5日目の夜 その2 手乗りハチ
ご飯の皿を下げようとゲージを開けた。
その時。
ハチが今までと違う目でこちらを見ている。
今までは耳を伏せ、身をう固くして後ずさりしていたが
今日は目をこちらに向け、耳は立っている。
どうやら私が安全な人間かどうか迷っているらしい。
私は人差し指をハチの鼻先より少し離れた低めの場所に置いた。
猫流のご挨拶である。
するとハチはベッドから出て人差し指のにおいを嗅いだ。
次のことだった。

ハチは私の人差し指に顔をこすりつけだした。
目を細め、ゴロゴロとのどを鳴らしている。
友好の印だった。
私はスリスリするハチのあご下をなでてやった。
初めましてゴロゴロ

次にハチは立ち上がり私の顔に頭をこすりつけ出した。

ハチ初めましてのすりすり

最終的に身を乗り出し、「手乗りハチ」となったのだ

よろしくね

どうやら心を開いてくれたようだ。
その間フクはベッドの中で様子を見ている。まだ表情は固い。
フクも早く慣れてくれることを願った。
そしてこの日からハチは甘えん坊としての猫生を歩むこととなった。

ねこのきもち

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

5日目の夜 ついに昇格
5日目、朝にカリカリと水をあげてトイレ掃除。
ここで食べるご飯は安全と分かったのかもしれない。
トイレも安全と理解したようだ。

夜。カリカリをあげるために皿をゲージへ持って行った。
すると今までひきこもっていた2匹の表情が変わった。
今までは身を固くして後ずさりしていたのだが、
身を乗り出そうとしている。
扉をあけ、皿を置くとその音を聞きつけ、
食べる場所にやって来たのだ。
2匹は私を5日観察した結果、
エサ係&トイレ掃除人
というポジションに昇格してくれたらしい。
名誉なことである。(=∀=)

そしてカリカリと音をさせて食べ始めた。
食べるところをしばらく観察していたが、そのまま食べ続けている。
あまり凝視するのもよくないのでその場を離れた。

その後、もっとうれしいことが起きた。

続く

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

4日目 夜 ついに!その2
夜になった。
帰宅して目に入ったのはトイレの砂。
明らかに「なさった」痕跡。
急いでスコップとビニール袋を用意し、固まった砂を取り除いた。
2か所にあったからおそらく2匹ともトイレを使用したと思われる。
食べて、出したらひとまず安心だ。

次はカリカリチェック。皿のカリカリはきれいになくなっていた。
水もかなり減っている。もっとお食べ、もっとお飲み。
そう思って皿をきれいに洗い水を入れた。

嬉々としてトイレ掃除をし、餌と水を飼える私を昨日までと同じく
2匹はドーム型ベッドの中でじっと見ていた。

猫は餌をくれる人、トイレ掃除をする人に懐きやすいという。
このまますんなり懐いてくれれば…。

猫と戯れる未来を想像して嬉しくなった。

ねこのきもち

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

4日目 ついに…!
4日目の朝。
猫部屋となったリビングを開ける。
旦那が叫ぶ

食べてる~(。>ω<。)

一安心。皿のカリカリは減っていた。
後はトイレだけ。
おそらくこちらも今日明日中にはOKだろう。

ごはんを安心して食べれる場所である、
ということは認識してもらえつつあるらしい。
第一関門クリア。
生後4カ月くらいのまだまだ育ちざかり。
たくさん食べて大きくおなり~。

ねこのきもち

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。